杉崎運輸株式会社

当社のノウハウを十分に活用し、お客様のニーズに応じて合理化のお手伝いをいたします。

事業内容

環境に対する取り組み

2015年にフランス・パリで開催された気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において、気候変動に関する2020年以降の新たな国際枠組みである「パリ協定」(Paris Agreement)が採択されました。
一方、日本政府は、平成27年6月2日に開催された「第29回地球温暖化対策推進本部」において、安倍総理より「2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという我が国の目標達成に向け、 COOL CHOICE』を旗印に政府を挙げて国民運動を展開していく」旨の発言がありました

環境省では、国民一人ひとりの意識変革やライフスタイルの転換が不可欠であり、これを実現するための普及啓発を抜本的に強化する必要があるとして、平成28年6月20日に、環境大臣をチーム長とした「第1回COOL CHOICE推進チーム」を開催しました。

地球温暖化を招くとされる温室効果ガスは、二酸化炭素(CO2)フロン・メタン等です。日本のCO2排出量を部門別に見ると工場産業部門が約36%業務その他の部門が約22%ありますが、運輸部門も約18%を占めています。


杉崎運輸は、
地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE(クールチョイス)」推進へ協力します。

 環境ISO14001認証取得(本社・小田原営・大阪営)

認証登録  2004年12月09日   
改定日  2017年11月14日   
有効期限  2019年12月08日   


 認証登録範囲
一般貨物自動車運送、貨物利用運送及び産業廃棄物収集運搬に係る事業活動

 認証登録範囲に含まれる組織
本社 小田原営業所     大阪営業所   
(登録範囲に同じ)
  堀之内給油所
(貨物自動車洗車場、燃料の給油)

  

環 境 方 針

杉崎運輸株式会社は、「一般貨物自動車運送、貨物自動車利用運送、鉄道利用運送及び産業廃棄物収集運搬事業」に関わる事業活動を通じて、地球環境の保全と汚染の予防を経営の重要課題と認識し、地球にやさしい活動を行います。 時代の変化に耐えうる事業活動を目指し、以下の基本方針により、事業活動によって生じる環境への影響を認識したうえで、環境目標を設定し、全従業員が環境問題に積極的に取組み、継続的に改善を行います。

 

1.   環境関係法の遵守

当社が適用を受ける、環境法規制及びその他の要求事項を順守し、自主的に環境保全への取り組みを推進します。 

2.   事業活動が環境に与える影響を低減するために、以下の項目を推進します。

①. 交通事故防止運動を積極的に推進し、環境破壊の防止に努めます。

②. 自動車燃料の使用量を継続して管理し、化石燃料の使用の削減に努めます。

③. 事業活動に不可欠な資源・エネルギーの効率的な利用、環境に配慮した物流機器や設備の導入、環境にやさしい商品の購入、廃棄物の削減とリサイクルの推進等により、環境負荷の抑制に努めます。 

3.   当社従業員は、地域社会の一員として、環境ボランタリ活動に積極的に参加することを推奨します。
改訂-2 20161225日  代表取締役 杉崎直司

 環境目標(行動指針)
     環境負荷を低減させること
     事故を発生させないこと(事故防止)
     発生した場合にはそのダメージを低減させること

 
 

 杉崎運輸は、法令を遵守し、事故防止活動に積極的に取り組むことで、環境負荷の低減に貢献しています。

事業に関するお問い合わせ
採用情報

ページトップ

Copyright © 2010 杉崎運輸株式会社 All rights reserved.